NBA選手図鑑 PART2 【Andre Iguodala】

     こんにちは、バスケBAKAの勇気です。NBA選手図鑑第二弾です!今回は、マイアミヒートに所属してるアンドレ・イグダーラ選手を紹介したいと思います!

     イグダーラは1984年1月28日にイリノイ州で生まれます。当時スーパースターであったマイケル・ジョーダンが憧れの選手だったそうです。イリノイ州にある高校に進学したイグダーラは、シニアーの時(アメリカの高校は4学年あり下から、フレッシュマン、ソフモア、ジュニアー、シニアーとなっています。)大会で平均23得点、7.8リバウンド、4.1アシストをして、好成績を残します。国内でスモールフォワードでは6位、全体で26位の彼はアリゾナ大学に進学することになります。フレッシュマンの頃からイグダーラはオールラウンダーとしてチームを支えており、全てのカテゴリーにおいてトップ5にいた彼は、次の年にフィラデルフィア・76ersに9位指名でドラフトされました。

     イグダーラ選手と聞くとシックスマンを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?(2004〜2012)フィラデルフィア・76ersでプレーしていた時、イグダーラはスターターとして出場していました。プロになった一年目から82試合フルでプレーしています。当時シクサーズ(76ers)にはアレン・アイバーソンも所属していて、アイバーソンとのコンビプレーはファンを湧かせていたそうです。今度アイバーソンも紹介します!)

     デンバーナゲッツで一年プレーした後(2013〜2019)ゴールデンステート・ウォリアーズに移籍しました。そこでスターターとして今まで出場していたイグダーラがシックスマンに転向し、ウォリアーズを支えていきます。2015年ファイナルに進出しましたが、レブロン率いるクリーブランド・キャバリアーズ相手に苦戦します。一勝二敗となり苦しい状況下にウォリアーズのヘッドコーチスティーブ・カーは四戦目からイグダーラをスターターとして起用します。イグダーラのディフェンスはレブロンを抑え、3連勝して1975年以来のチャンピオンになりました。当然イグダーラはこの年のNBAファイナルMVPに選ばれました。ウォリアーズは2017年2018年にもNBAチャンピオンとなり、イグダーラは大いに貢献しました。そして、メンフィス・グリズリーズで少しイザコザがありましたが、彼が希望していた優勝できるチームマイアミ・ヒートに移籍することができました。

     大ベテランのアンドレ・イグダーラ選手がこれからどのような活躍をしていくのが楽しみですね!マイアミ・ヒートでも優勝したら、イグダーラは勝利の女神ですね(笑)。

     記事を読んでいただきありがとうございました。次回もお楽しみください。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。