人生最大の挫折から学んだマインドセット

 こんにちは、バスケBAKAのゆうきです。
バスケのことでも考えながらコロナに負けないように頑張りましょう!

 メンタル面において、人は何をやるにも自信が大事。これは経験上間違いなく言えますね。しかし、それ以外にもバスケだけでなく何かをする時にメンタル面で重要なことがあるのです!!!
 これを自分の実際に味わった苦い経験をもとに語っていきたいと思います。

 
 
中学時代の僕はチームではエースとして活躍し、個人としては県代表に選ばれました。試合ではほとんどいつも自分がボールをコントロールし、毎試合20点はマークしていました。そんな僕は完全に調子に乗っていました
 
 しかし大事な大会ではなかなか調子が出ずチームとしてはなかなか大会で勝ち上がれませんでした。しかし僕はそれを味方のせいにしたり、相手が*ダブルチームをしてきたことのせいにしていました。
(*ダブルチーム・・・一人の選手に対して二人の選手が守ること)

 
 
そんな僕は高校で全国常連校に進学しました。高校二年からなんとかメンバーに入り自分の代が始まってすぐの中規模の大会ではレギュラーとして大活躍!僕は明るい未来が待っていると思っていました、、、

が、しかし

 自分の代が始まって最初の新人戦の県大会決勝。僕はいつものようにレギュラーとして試合に出ましたが、なんとその試合僕は0点をマークしました。次の試合から僕が試合で使われなくなり僕は人生最大の挫折を味わいました。そこで僕は今まで普通の試合では活躍できるが大事な試合では活躍できてない事に気づきました。


ここからが僕が今回の投稿で言いたいことです!!!



 僕は”自信”の大切さに気付きました。たしかに僕は中学時代自信を持っていました。しかし本当に大切なのは”自信の持ち方”なのです!!!
 中学時代の自分は自己中心的で失敗を”全く”考えていませんでした。たしかに失敗を前提に物事に取り組むのはダメなことです。僕が言いたいのは失敗をしてもしょうがないと割り切ることが大切であるということです。中学時代の僕は自信は持っていたが、完璧主義者になっていたのです!それではバスケで言うとシュートを外した時に一喜一憂していました。その為ストレスのかかる大切な試合では結果を残せなかったのです!

 
 つまり自信を持ちながらも失敗してもしょうがない、次成功すればいい、という心の余裕を持つことが大切であるのです!!



 それを学んだ僕はなんとかレギュラーに復帰し、活躍できることができたとさ
                  めでたしめでたし、、、、
 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。